9月10月11月の紫外線も怖い?秋の日焼け止めは必要なのか

秋の紫外線ってどうなの?

9月、10月、11月の秋の紫外線対策は大丈夫ですか?

 

  • もう夏の盛りは終わったし、照りつけもそこまで強くないから大丈夫!
  • ちょっとそこまでだし、いちいち日焼け止めは面倒臭い!
  • まだ若いからそこまで敏感にならなくても大丈夫!

 

実は、これは最近まで私自身も思っていました。

 

しかし。もしあなたが、こんなことを思っているなら。

 

 

それ、結構やばいかもしれません。

 

いつまで紫外線対策は必要?

まずはこちらをご覧ください。
イメージ

 

こちらは気象庁による、「日最大UVインデックスの月別累年平均値グラフ」のデータです。
要するに、月ごとの紫外線の強さを表しています。

 

紫外線対策が必要な数値の目安としては、だいたい3.0以上ですので、11月はまだ大丈夫かもしれませんが、9月・10月は油断できないのです。

 

9月、10月はまだまだ紫外線対策が必要な時期です。

油断は禁物です。

 

そこまで紫外線に対して過敏にならないといけないの?

紫外線は家やオフィスなどの建物の中にいても浴びることになります。

 

じゃあ、紫外線は私たちの日常生活の中でごくごく自然に浴びているから、そこまで気にすることはないんじゃないか。

 

そう思う方もいるはずです。
実際、そこまで気にしなかったとして、命に別状があるわけでもなく、健康に被害があるわけでもありません。

 

日サロなどの過度な焼き過ぎは皮膚ガンの原因にはなりますが

 

でも少し待ってください。

 

  • いつまでも若々しくいたい
  • 周りの同世代よりも少しでいから綺麗に見られたい
  • いつまでも綺麗な母親でいたい
  • 肌が綺麗だねと言われると嬉しい

 

そう考える女性がほとんどではないでしょうか。
そして、そう考える方はまだ若いからといって紫外線対策を怠ってはいけません。

 

紫外線のダメージは徐々に蓄積されていくものなので、今の油断が10年後のシミやシワにつながるのです。

 

  • 〇〇ちゃんのお母さん、肌綺麗だよね
  • 肌、綺麗だね!秘訣って何??
  • 50代なのに40代だと思われた!

 

こんな未来を手に入れるためには、秋でも紫外線対策は忘れてはなりません。

 

必要だとわかっていても、秋の紫外線対策を怠ってしまう2つのワケ

夏に比べると見劣りする

秋はどうしても、夏の盛りよりも涼しくなる、照りつけが弱くなります。
ですので、秋の紫外線はどうしても、夏のピークと比べると見劣りしていまします。

 

これが多くの方が秋に紫外線対策をサボってしまう原因になります。

 

コスパや手間を考えるとサボりがちになる

 

さらに、夏の日焼け対策は、日焼け止めクリームをがっつり塗らなければなりません。

 

イメージ

 

夏の日焼け防止は、このように大量のクリームを消費しなければ効果はありません。
これってかなり面倒ですし、クリームも大量に消費してしまうので、かなりのコストがかってしまいます。

 

こうなると、

 

秋はちょっと紫外線も弱まってきたし、いいかな・・・?

 

ということで紫外線対策を怠ってしまうことが多いのです。

 

 

 

秋に紫外線対策をサボりがちな2つのワケ

  • 夏に比べると見劣りするので、まあいっかな!という気になってしまう
  • コスパやヒャケドメを塗る手間を考えると続かない

 

秋でも簡単に続けられる紫外線対策方法とは!

実は、秋でも簡単に紫外線を対策できる方法があるんです。

 

先ほどもお伝えしたように、秋の紫外線対策は、夏に比べて紫外線が弱いから、面倒だから、コスパが悪いからという理由でなかなか続きません。

 

でも、もう日焼け止めを厚塗りしたり、UVカットの衣服を全身にまとうことなく、紫外線対策をすることが可能になったって知っていますか?

 

 

最近話題の、「飲む日焼け止め」が秋には最適なんです。

 

飲む日焼け止めが秋に最適な理由

 

手軽にできる

イメージ

 

先ほどから何度もお伝えしていますが、秋の紫外線対策が続かないのは

  • 夏の紫外線に比べると見劣りする
  • 手間がかる
  • コスパが悪い

と言った理由があります。

 

しかし、飲む日焼け止めは、外出する前に「飲むだけ」で効果を発揮してくれます。
ですので、どんなに面倒くさがりな人でも忙しい人でも、簡単に続けることができます。


 

一度飲んだら効果が4から6時間持続する

イメージ

 

飲む日焼け止めの効果は、飲んだ直後から約30分後から出始めて、その後4から6時間継続します。
何度も塗り直したりする手間が省けるのはかなり手軽になりますね。


 

おすすめの飲む日焼け止めとは?

ここまで、秋の紫外線対策には「飲む日焼け止め」がおすすめだとはお伝えしてきました。
飲む日焼け止めを選ぶ際に一つ気をつけたいのが、最近では飲む日焼け止めが話題になってきたので、効果がそれほどない粗悪な商品も登場してきてしまっているということです。

 

「数少ない本当に効果を発揮する飲む日焼け止め」その中でもイチオシなのが雪肌ドロップという商品です。

 

雪肌ドロップがおすすめな方とは

  • 秋は面倒だからついつい紫外線対策を怠りがちな方
  • UVカットのフェイスカバーなどをわずらわしいと感じている方
  • 1日に何度も日焼け止めを塗りなおす方
  • 日焼け止めは肌が荒れるから使いたくないという方
  • 露出が多めの服を着たい方
  • スポーツなどで長時間日光を浴びる方

 

手軽なだけじゃない!雪肌ドロップがイチオシな理由

雪肌ドロップはただの飲む日焼け止めではありません。

 

というのも、雪肌ドロップには紫外線をブロックするための成分以外にも、うれしい成分が含まれています。

  • しみやしわを防ぎ、若々しい肌を保つための成分
  • 今まで紫外線で傷めてきた肌を補修する成分
  • 美しい髪を保つための成分
  • 自律神経を整えるための成分

紫外線ブロック成分のほかにもこのような成分が含まれているので、肌だけでなくいろいろなところのケアができるのが魅力です。

 

雪肌ドロップに含まれる美容成分をご紹介!
 

コラーゲンペプチド+セチルグルコサミン

おなじみのヒアルロン酸の減少を抑制する美容成分です。
雪肌ドロップではこれを分解して含ませていることで、吸収力を向上させることに成功しています。

 

雪肌ドロップには紫外線対策の有効成分だけでなく、ハリのある肌を手に入れる雨の成分まで含まれています。

 

カロテノイド

カロテノイドとは、自然界に存在する赤や黄色の色素の総称のことです。

 

イメージ

 

カロテノイドは強力な抗酸化力を持つのでで、活性酸素を除去することができます。
ですので、シミ予防になるほか、近年では生活習慣病など、様々な病気の予防効果があることがわかっています。

 

システイン含有酵母

システイン含有酵母は、肝臓の機能を改善させる効果があります。
そしてアルコールを摂取した時のように、肝臓には体の毒素を体外に排出させようとする働きがあります。
これは肌でも同様で老廃物を排出しようとしてくれるので、肝機能を改善することが美肌にもつながります。

 

ザクロエキス由来の「エストロン」

エストロンとは女性ホルモンの1種で、これを含むざくろは古来から女性の果実として知られています。
エストロンには肌や胸に針を与える効果や自律神経を整える効果があります。

 

メロン由来の植物プラセンタ

アミノ酸・ミネラル・ビタミンを十分に摂取することができます。
また、動物由来のプラセンタとは違い、がん発生率や太るといった、ホルモンリスクの心配がありません。

 

トマト由来のリコピン

トマトに含まれるリコピンは、ビタミンEの約100倍の抗酸化力があります。
これによって活性酸素を除去し、メラニンの発生を抑え、若々しい肌を保ちます。

 

リンゴンベリー抽出エキス

りんごべりーではありません。リンゴンベリーです。
あまり馴染みがないかもしれませんが、リンゴンベリーとはコケモモの仲間で特にビタミンEが豊富に含まれている果実です。
また、リンゴンベリーにはアルブチンという物質も含まれており、リンゴンベリーのアルブチンには特別メラニンを抑制する効果が強いといわれています。

 

マリーゴールドエキス

マリーゴールドエキスといえば、よくシャンプーやリンス、ローションなどに含まれているのを見かけます。
この利用のされ方からもわかるように、マリーゴールドエキスには髪や肌を保護する効果があります。

 

雪肌ドロップの購入情報

雪肌ドロップは、公式通販からのみの購入ができます。

 

買い物の仕方は、通常購入、まとめ買い、定期コースがあり、

 

  1. 定期コース
  2. まとめ買い
  3. 通常購入

 

の順にお得になっています。(1個あたりの価格)

 

具体的に比較してみます。

 

 

定期コースは料金的にはかなりお得になりますが、もし途中で解約したくなった場合、6ヶ月の定期縛りがあるので注意しなければなりません。

 

先ほどもお伝えしましたが、11月〜1月はそこまで紫外線に対して過敏になることもないので、この時期ならまずは単品から試してみるのがいいかもしれません。
その後気に入ったら定期購入という形に切り替えるのでもお得に続けられると思います。

 

逆に、初めから継続する気でいる方は、初めから定期コースに申し込むことで初回分が実質0円(送料のみ)で購入できるのでそちらがお得になります。

 

ここは人によって考え方が違うところなので、もっともお得に購入できるなと思う方法を選択したいですね。